脱皮のときが近づいている

ランゲージアーツ

自分の言葉で思いを伝える、

ダーウィン・ランゲージアーツスクールの

JUNKOです。

クリスマス前に、Y君のお母さんからラインを

いただいた。

「Yがとうとう小説を書き始めました。」と。

今日の画像はその時に送っていただいた

小説の一部です。

絵を描くのが大好き、

本が大好き、

文章を書くのが大好き。

サッカーもスイッチも大好き。

今日はそんなY君のお話を少し。

【脱皮のときが近づいている】

小3Y君、年明け最初のレッスン。

「冬休みにあったことを話してもらえる?」

と尋ねると、

「じゃあ、一番心に残ったこととか?」

こういう自発的な質問をさっとしてくる姿勢。

これ、とっても大事だと思う。

レッスン中は常に前のめり。

真剣に取り組んでいることは,

画面からも伝わります。

私たちが子どもたちを最終的に連れて行く場所の

目標として、

「自立した学び手になる」

ということがあります。

自ら本を読む、

自ら問いを生み出し、

自ら考える、

自ら文章を書くサイクルを回す、

今、Y君には4年生という子どもにとっての

大きな変化の時期の前に、

自立に向けての素地が出来上がっていることを

強く感じます。

9歳~10歳ごろ、子どもたちは親とは違う自分に

気付き、大人への第一歩を踏み出すことに

なります。

それまでに準備しておきたいと思っていることが、

Y君の場合には、十分育っているなと感じています。

年長さんから来てくれていたY君。

こんな成長の一瞬一瞬を一緒に見ることが

できて、本当に嬉しいです。

自由に大空を羽ばたく日まで、

成長はまだまだ続いていくよ~!!

*****************

育てよう、心。

積み上げよう、言語力。

伝え合おう、自分の思い。自分の言葉で。

ランゲージアーツに

ご興味を持ってくださると嬉しいです。

オンラインレッスンでどこからでも

受講可能です。

*****************