世界標準言語力のスタートは家庭から

心・言葉・思考力をゆっくり大事に丁寧に育てましょう

お母さん、子どもたちの言語力、育てていますか?

漢字が書ければいい、テストの点数が良ければいい、
普段の雑談ができていればいい、そんな風に捉えていませんか?

社会人になって、相手が言っていることが理解できない、
自分の言いたいことをうまく伝えられないことで
仕事がうまくいかなかったり、トラブルを起こしてしまう
ケースをよく耳にします。

テストのために型に当てはめた文章の公式が、
実社会に出てから通用しないことに気付いても、
なかなか一からのやり直しには気持ちが向かっていきません。


ただ、「生きる力」や「社会人基礎力」という言葉が
一人歩きして、子どもなのにまるで「ビジネスマン」のような
スキルを学ばせようとする教育もかなり増えていて、
これまた「人生の先取り学習」に勤しむ結果となっていて、
当たり前に大事な基礎学力を身に着けないまま、
過ごしてしまっている子も多くいるのが現状です。


私たちは小さな大人を育てたいのではありません。
効率の良いテクニックを学んでもらいたいわけでもありません。


どうか子どものうちに様々なことを経験して、
笑って、泣いて、驚いて、楽しんで。

そして同時に、誰かの話に耳を傾け、誰かが書いた文章を読み、
自分の意見を伝わるように話し、自分の言葉で文章を書く。
小さい頃からこれを何百回も繰り返すことによって、
少しずつ大人への階段を上っていく。

ダーウィン・ランゲージアーツスクールは、
この地味な積み重ねを大切にし、世界標準の言語力を目指します。

先進国の子どもたちは言語技術教育を学校で受けています

 世界標準言語力と聞くと、「英語」の話だと思われる方も
多いかもしれませんが、これは第一言語である日本語の話です。

当たり前の話ですが、それぞれの国によって母国語が違い、
そして「国語」の授業があります。

しかし、その国語の授業は私たち日本人が考える国語とは、
かなり違う内容です。

皆様ご存知の通り、日本の小学校の国語の主な内容は、
「漢字の読み書き」「音読」「登場人物や作者の気持ちを読み取る」
「設問の答えに該当する部分の抜き出し」「辞書で多くの言葉を引く」などです。


しかし、世界各国で行われているランゲージアーツ(言語技術)の授業では、
まずは何のために読むのか、書くのか、聞くのか、あるいは話すのかを学びます。
つまり何をするにも目的があることを最初に学ぶのです。

そして誰が読むのかを考えて書いたり、誰が聞くのかを考えて話したりすることを学びます。「言語を使うところに必ず相手(ときに相手は自分自身であったりもします)がいる」ということを最初から意識するわけです。

また、本を読んでその作家について調べたり、歴史的背景を考えたり、
似たようなジャンルの話を比べてみたりします。

このようなことは、日本の国語ではあまり重要視されていない部分では
ないかと思います。

そうして低学年の頃から、読む・書く・聞く・話すが互いに深く関わり合っていることを感じながら、また全ての教科に言語技術が活かされることを認識しながら学んでいくシステムになっています。

それらの学びは全て、子どもたちが生きていくために必要なことに
確実につながっているように思います。

これからますます、世界中の人たちと肩を並べて働く日本社会となります。
そして、地球上にある様々な問題を世界の仲間と協力して解決していかなければ
なりません。

日本に住んでいるのだから、日本人だけと生きていくのだからそんな能力いらない、
などと言ってはいられない時代になってきました。

日本国内でも既にグローバルな人物の育成のためにランゲージアーツ(言語技術)を
授業に取り入れている私立の学校もちらほら出てくるようになりました。

同じ国で同じ教育を受けている時代も終わり、何を選ぶかが個人に委ねられているといっても過言ではないでしょう。

まずは世界標準言語力を深く知ってください

 まずは日本の子どもたちの現状や世界ではどんなことを学んでいるのか、
どうして世界標準の言語力が必要なのかをお母さんに理解していただきたいと思います。レッスンを受講するにしても、週に一度の学びでは言語力はなかなか上がっていきませんし、親御さんと私たちが協力し合っていかなければ、世界標準は遠い道のりです。

 そのためにメールマガジンを発行しております。世界標準言語力に少しでもご興味がある方は、まずは下記よりメールマガジンにご登録ください。

PC・スマホ登録用:https://www.mshonin.com/form/?id=709566862
携帯(ガラケー)登録用:https://www.mshonin.com/i/?id=709566862








darwinschoolをフォローする
世界標準言語力教室   ダーウィン・ランゲージアーツスクール