講師

****代表  JUNKO****

こんにちは。
ダーウィンランゲージアーツスクールのJUNKOです。

私は2002年に、子供向け英語教室を開講しました。
子どもたちとのレッスンはとっても楽しかったのですが、
続けているうちにある疑問を抱くことになりました。

「考えられていない?」

英語ができるとかできないとかではなくて、
日本語でもよく受け答えできない、
自分の意見がない、
自分が口にすることに自信がない、
そんなことを感じました。

海外ではどうしているのかな?
何をしているのかな?
という興味が沸いてきました。

思い立ったが吉日、その好奇心だけで、
2003年、娘たちを連れてアメリカの小学校へ
見学に行ってみました。
(この話は追々ブログで書きます。)

ちょうどその頃、
PISAの学力テストでフィンランドが
躍進していて注目され始めていました。
フィンランドメソッド本を買いそろえ、
またまたどんなことをしているのかに興味津々。
フィンランドにも行ってみたいなあと
思いつつも、ふと考えました。

「社会や周りの環境が海外とは違う日本では、
そっくりそのままのやり方では合わないのかもしれない・・・」
と。

そんなこんなでたどりついたのは、
日本の子に合うように作られたという
メソッドを使った「思考力を育てる教室」でした。
その内容を見たときに「これだ!」と
思ったのです。
発想することの大切さ、深く考える力、
多面的にものを見る力、等々、
その教室で子どもを指導しながら、
何より私自身がかなり鍛えられたと
思っています。途中、出産・育児でギャップは
あったものの、トータルで10年間そこにいて、
学ばせてもらいました。


でもね。またまた大きな壁にぶちあたったのです。

子どもたちの文章力、語彙力、表現力が乏しい。
表面だけの言葉の羅列で終わってしまっている。
プリントを埋めて終わればいい、になってしまっている。

考えるための言語力が必要!
それがなければ、考えることすらできない!

そんなことを感じるようになったのです。

それである日、英語教室での指導のために
昔購入したアメリカの問題集をパラパラめくっていたら、
そこにあったのは、ランゲージアーツという言語技術の世界。

これだ!!これしかない!!
こんなことは、日本の学校では教えてくれない!

と、モヤがかかっていた私の頭の中が
急にすっきりとして腑に落ちたのでした。

日本の国語だけでは、
言語技術が伸びるようには訓練されていない。
毎日学校に行ってても、その学びが
すっぽり抜けていることに気付きました。

アメリカ・フィンランド・イギリス・
スウェーデン・デンマーク・オランダ・フランス・
イタリア・・・等々。

いろいろな国の教育を調べていましたが、
先進国のどの国でも言語教育は外せない大事な教育で
あることがわかりました。

それぞれの国で行われている「国語教育」は、
その国を担っていく子どもたちにとって欠かせない、
どの教科にも関わってくる重要なものなのです。

そして、それは当然、日本の子どもたちの教育にも
不可欠なものだと思います。
人間は言葉で考え、言葉で伝え合っていく生き物だから。
言葉とは一生の付き合いだから。

そんなこんなで、レッスン中に子どもの言語力や
それぞれが持っている良さをどうしたら大事に伸ばしていけるか?
と悩むことはあっても、

母語で自分の考えや思いを主張したり、
相手にもわかるように伝えることは本当に大事、

言葉で伝えられる、
言葉で自分を表現できる、

という確信を私はもっています。

「日本中にランゲージアーツを」

どうぞよろしくお願いいたします。

**********************

2002年から子供向け英語教室を開校。
2008年から10年間、思考力を育てるフランチャイズ教室でインストラクターを務める。
2019年4月から、学びあってきた仲間とダーウィン・ランゲージアーツスクールを開校。
2020年6月 kindle書籍「我が子を世界で活躍させたいお母さんだけの教育戦略 
小学生から始める世界標準の言語力」を出版。7部門で第1位を獲得。

子どもは3人。夫は英国人。

28年前から育児をしてきた母親の立場(3人目は現在9歳)、
国際結婚をしている日本人(妻)の立場から、
そして20年間たくさんの子ども達と関わってきた講師としての経験から、
ランゲージアーツこそ、日本の子ども達に必要なものだと確信しております。

****レッスン責任者  Tommy****

こんにちは。トミーです。

ダーウィン・ランゲージアーツスクールで、
子どもたちにランゲージアーツを教えています。 
数年前からJUNKOさんと一緒にダーウィン・ランゲージアーツスクールで活動。

やがてある一つの疑問がランゲージ―アーツにたどり着く原点に。

某思考力スクールでインストラクターとしてレッスンを重ねるうちに、
考えれば考えるほど、

「日本の子、もしかして日本語を使えてない?
話してはいるけど、使える状態じゃない?」

そこからJUNKOさんと相談を重ね、本を読み漁り、
ここはと思う場所へ足を運び、海外では当たり前に教育の土台となっている、
言語技術、ランゲージアーツが存在することを知る。
そして、日本の教育にランゲージアーツがないことも同時に知る。

日本の子にとって、日本語こそ最優先で育てるべきもの。

言葉はその子を支え、その子の人生を作る。
そして親がいなくなった後も、言葉はずっとその子にそばにいてくれる。

大事に育てるべきは、「言語・言葉」。

子どもたちは、必ず「自分の言葉」を持っています。

子どもたち自身が「自分の言葉」に気づき、育て、
発信できるように私たちは一緒に学び合います。

「言葉を持つ」という意味の大きさを、ぜひ子どもたちに知って欲しい。

そして、ランゲージアーツを身に着ければがすべてを解決するわけではありません。ランゲージアーツを使って、何をどうするか、です。

日本人の感性と、ランゲージアーツで育てた言語力で、
子どもたちが人と世界と、繋がることができるように。

そして私たちと関わる全ての子が、自分のルーツに誇りが持てるように。

【経歴】

 結婚・出産するまでずっと会社員。出産を経て、地元の会社に就職。

正社員として働きながらも、子どもの教育についてアンテナを張っていた時に出会ったのが某思考力スクール。
フルタイムで働きながらも、月一の夜の勉強会に参加し、これからの我が子の教育について考える。その後、会社を退職し、研修を受けながら思考力スクールのインストラクターに。

インストラクターを約5年務めた後、退職。

現在、ダーウィン・ランゲージアーツスクールで講師して活動中。

 小学生~中学生を中心にランゲージアーツで日本語の強化に力を注ぐ。

 

【資 格】

・整理収納アドバイザー2級認定講師

・日本語教師

・アドラー心理学カウンセラー

****ママのためのランゲージアーツ講座講師****

Atsuco

こんにちは。
ダーウィンランゲージアーツスクール
「ママのためのランゲージアーツ講座」担当の講師 岩佐淳子です。

これまで料理教室を19年運営。多い時は年間700名位の方とコミュニケーションを取っていたにも関わらず、「言語技術」に関して意識したことはありませんでした。

でも2015年からホストファミリーをし始め、留学生と話す中で「日本人と話しているときとは何かが違う。」と感じていました。

そして、高校生の息子の留学準備のため、現地校で単位を取る方法を調べているときに初めて、「ランゲージアーツ」の存在に出会いました。

すぐに興味を持った私は、ママのためのランゲージアーツ講座を第一期生として受講しました。ランゲージアーツを学ぶうちに、「考えたことのないことは言葉にできない」ということがよく分かりました。

最近では少しずつ教育も変わり、子どもたちは学校でランゲージアーツ的なことを学び、触れてはいるようですが、親の世代はまだまだ知らない「言葉のスキル」。

ママのためのランゲージアーツ講座を受講して、私自身大きな変化を感じました。そしてママが学ぶことで、家庭から「言葉のスキル」を底上げができると考えています。

何歳からでも学ぶことは始められます。

自分を知り、「生きる力」を再認識する学びをしっかりとママたちにお伝えしていきたいです。

兵庫県 神戸市出身 

甲南女子大学人間関係学科 教育学専攻

イタリア留学 centro fiorenza 、Università degli Studi di Firenze Rafor academy

3児の母 
ホストファミリー生活5年目 アメリカ、イタリア、中国、オーストラリア、カナダ、チェコなど今まで10名の留学生を受け入れました。

【資格】
・幼稚園教諭二種免許
・小学校教諭一種免許
・発酵食アドバイザー

*******

Hotaka

こんにちは。
ダーウィンランゲージアーツスクール
「ママのためのランゲージアーツ講座」担当の講師 後藤稲高です。

北イタリアの田舎町でフリーランス日本語教師をしながら、
2019年生まれの娘に日本語を話してほしいと思い、
日本語バイリンガル育児に奮闘中です。

私は娘が生まれてすぐから日本語の絵本を読み聞かせたり、
語りかけたりしてきました。

でもふとある疑問が浮かんだのです。

「あれ?なんかいつも同じ言葉でしか声掛けできていない気がする」

これはきっと自分の語彙力の問題だなと思い、
今度は読書を意識的にするようにしました。

でもいくら読書をしても、娘に対しての語り掛けや絵本読みをする中での変化は感じられませんでした。

そんな時にこのランゲージアーツ(言語技術)の存在を知りました。
そこで全部の謎が解けました。

私が今まで原因だと思って取り組んだことは、
教科としての日本語(文法 語彙 発音 等)の知識だったんです。

ダーウィンのランゲージアーツ(言語技術)は、
4技能(聞く・話す・読む・書く)+1観察の5つのスキルを身につけていきます。

この技術の理解を深めたことで、今では娘との会話に変化が生まれ、
多様な種類の質問ができるようになりました。
今では、娘も考えながらわたしの質問に答えてくれているのがよくわかります。

そしてこのランゲージアーツを夫との会話に取り入れてみたら会話がとても深まり、今ではどこかに出かけるとか、何かを食べに行く事と同じくらい「会話」をするということが楽しく充実した時間になりました。

言語とは、よく言われるように「コミュニケーションをするツール(道具)」でしかありませんが、ツール(道具)と言われるからには、使いこなすスキル(技術)があるという事でもあります。

特に子どもたちは、まわりからの反応に非常に敏感です。
子どもと会話をするママ(大人)が、どのような質問をしてあげるのか、
何を聞くのか、要点をくみ取れるのかがその会話の価値を変えていきます。

そしてその価値を与える技術こそがこのランゲージアーツ(言語技術)です。

子どもとの会話を引っ張り、表現の手助けをし、質問し、展開していく私達ママ(大人)のランゲージアーツ(言語技術)への理解と習得は必須だと確信しています。

「変化」を望むなら、まずは私達ママ(大人)から。

私もまだまだ勉強中ですが、一人でも多くのママにランゲージアーツ(言語技術)が届きますように。

【経歴】
岩手県久慈市出身
高校時代に1年間イギリスへ語学留学
東北学院大学 教養学部  言語文化学科 卒業

2011年 イタリア企業に就職 営業アシスタント
2013年 インドネシア、ジャカルタで日系新聞社の広告営業
2015年 仙台の英会話学校で英会話&TOEIC講師
2016年 結婚を機にイタリアへ移住 フリーランス日本語講師として働き始める。

2019年 長女を出産
2022年 ダーウィンランゲージアーツスクール 講師養成講座修了
【資格】
一般教職員免許(中高英語科)/TOEIC930点/英検準1級
日本語講師養成講座420時間修了
一般社団法人国際こども日本語教育協会会員
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会準会員

*****

Kazuyo



こんにちは。

ダーウィンランゲージアーツスクール「ママのためのランゲージアーツ講座」担当の講師 相良和世(さがら)です。
大学卒業後より、子供を出産後1年半ごろまで航空会社勤務(日系大手、ヨーロッパ2社、アメリカ)にて客室乗務員とVIPケアを行なっておりました。

育児との両立ができる仕事を探す中で、バイリンガル宅録ナレーター、非認知能力育児コーチ、大学での講師業、そして、新たにランゲージアーツの講師を始めました。

日本人なのに、なぜ再度日本語を学ぶ必要があるの?と疑問に思われるママさんも、多数いらっしゃるかもしれませんね。

では2つ質問です。

質問1:日本語(そして国語)を学ぶ中で、ダーウィンランゲージアーツスクールでも学ぶ4技能(聞く・話す・読む・書く)について、学んだ!と言える方はどれだけいらっしゃいますか?

質問2:今までの人生において、聞くとはどういうこと?話すとはどういうこと?読むとはどういうこと?書くとはどういうこと?と、考えたことがある方、いらっしゃいますか?

ここでYES!という方は、もしかすると帰国子女、もしくはインターナショナルスクールなどにご縁があった方かもしれませんね。

そしてNo!という方は・・・ご安心ください。
今日が人生で一番若い日、今日から学びを始めましょう。
そしてその学びをお子様へのプレゼントとして伝えていきましょう。

そんなカッコイイことを言っている私ですが、日本の教科でいう「国語」というものを、一生苦手なもののカテゴリーに位置付けておりました。
その理由は、読んでも読んでも答えが分からないからです。
高校時代の国語の恩師には呆れられ、「英語ができて、国語ができないなんて分からない!」と半ば強制的に新聞部へ入部をさせられ、記事を書くことに。しかし、その時点でも書く方法が分からないままで、書くことからは外される。インタビュー担当になり、相手に心地よく話をしてもらうことに注力することに。

国語が苦手なまま大人になり、子供を産んだ時に、「我が子まで、国語が苦手になったらどうしよう!」と、とっても悩んだ経験もあります。その中で、元々ご縁のあったJunko先生が何か「ママのためのランゲージアーツ講座」をなさるらしい・・・と、内容も何もわからないままに飛びつきました。

そこで日本と海外の母語教育の違い、4技能(聞く・話す・読む・書く)について人生で初めて考え、「質問」と「問い」という言葉の違いなども知りました。

きっとランゲージアーツに出会っていなかったら、人生最後を迎えるその日まで、「知らないまま」だったかもしれないと思うと、ゾッとします。
私が学んだものを幼稚園の子供の年齢に合わせて、噛み砕いて説明も続けております。

その中で、我が子なりに話し方のコツを掴んできているようで、「今日ママが午後3時に、私のお迎えができない理由を3つ教えてください」と、ランゲージアーツ的な解答を求められる日々です。

日本人の良さもたくさんある。ここは本当に誇りを持って欲しい!

ただこのランゲージアーツを知らない、学んでいないが故に、損をしている部分がたくさんあると思います。

ぜひ「世界共通のコミュニケーションのルール」であるランゲージアーツを、ママから学びませんか?

【経歴】
徳島県徳島市出身
大学時代に1年間、イギリスへ学部留学
卒業後から出産1年半後まで、日系、外資系を含む航空会社4社にて客室乗務員&VIPケアに従事
現在はバイリンガル宅録ナレーター、非認知能力育児コーチ、大学講師を兼務

【資格】
高校教員一種免許(英語)
2022とくしま親なびファシリテーター養成講座終了

****
 
Tomomi
 
 
はじめまして。
「ママのためのランゲージアーツ講座」担当の講師 
オーフラロティ智美です。

11歳の時に習いはじめ、18歳から教えはじめた英語。
30年以上経った今でも、私の英語大好き!という気持ちは変わらずにいます。私は今、豪出身の夫と自宅英会話教室を運営し、また、仙台周辺の大学で英語講師を務めながら、年間250人の方と英語上達のために過ごしています。

ずっと英語大好きの人生ですが、17歳の短期留学中の謎がずっと心の中にありました。また日々起こる生徒さん、学生さんの英語に対する面白い行動からも、日本語から英語の単語に置き換えて言うだけでは足りないんだろうなぁと感じていました。英語講師として、この謎をどうしても解決したいと思っていた時に出会ったJUNKOさんの本<世界標準の言語力>が全てをクリアにしてくれました。

〇初めての壁

17歳の時、念願叶いオーストラリア・シドニー1ヶ月のホームステイへ。自分の英語が試せる!と楽しみいっぱいでしたが、ホストファミリーとの会話はキャッチボールのようにいかず、伝えたい気持ちはいっぱいあるのにと思いを心に残して、帰国。

〇2度目の壁

2016年8月、英会話教室の生徒20人と現地小・中学校へ体験留学をしました。自分がホームステイをしていた時とは、また違った視点で過ごしました。英語圏の学校生活、コミュニケーションの仕方の違いを、皆で目の当たりにしました。この後から日本の子供たちの英語上達のために今後どんなサポートをして行ったらいいんだろうと考え始めました。

〇3度目の壁

大学で講師として、学生と接する中で、
どうして日本人はこんなに頑張って、文法を学び、受験勉強して、発音練習しているのに<日本人は英語が話せない>と言われるんだろうといつも疑問に思っていました。

こんな3つの壁にぶつかってきた私ですが、この<ママのためのランゲージアーツの講座>で、私にもなかった言語のスキルを学んだら、全ての疑問が一つずつ解けていきました。そして、さらにこのランゲージアーツのスキルで日本人の英語力も伸びる!と確信しました。

自宅の英会話レッスンにも、大学の授業にもランゲージアーツのスキルを取り入れてみると、学生たちは素直に受け入れてくれ、日本人が苦手とする英語のプレゼンテーションなども、あっという間に上達しました。もし、これをママたちがおうちで実践したらどんなにかいいだろうと心から感じています。

英語上達の鍵は、母語の言葉の力。
母語での言葉の深みが分かったら、
今までインプットしてきた英語も心から話せるはず!

未来がキラキラの子供達に、
日本にいても、世界に出ても、誰と過ごしても通用する、
 
<言葉の力>と<生きる力>のサポートができればと思っています。

私もこれからも、ライフワークとしてランゲージアーツを学んでいきたいと思っています。私たちの母国語である日本語を大切にしながら一緒に、言葉の技術を学び、子供たちにも〈言葉の力〉と〈生きる力〉を愛をもって伝えていきませんか?

【経歴】

○学生時代
オーストラリアの
多文化主義について卒論

○豪留学中
小学校+銀行で日本語教師
ホームステイ 8家庭で体験

○職歴
英会話講師25年
大学英語講師
日本語教師
留学カウンセラー

◯資格
TESOL(英会話講師)資格
日本語教師資格

○家族
オーストラリア出身夫
日豪ハーフ娘
バイリンガル子育て12年
タイトルとURLをコピーしました