あなたらしい表現

ランゲージアーツ

自分の言葉で思いを伝える、

ダーウィン・ランゲージアーツスクールの

JUNKOです。

小5のYちゃんが住んでいるところには、

雪が積もっていて、休校になったと聞いたので、

「今日の雪の様子を教えてください。」と

尋ねると、

たださわったらサラサラしているんだけど、

にぎったらカチカチになって、

片栗粉をにぎったときみたいに堅くなった。

と教えてくれました。

こういうときの表現って単純になりがちですが、

片栗粉という喩えが咄嗟にでてくるのは、

彼女の日常の経験を言葉にすぐに結び付けられるからだなあと

感心しました。よくお手伝いをしているようですし。

インスタライブや投稿でも

感性を育てる大切さを度々言っていますが、

結局、五感を使ってやってきたことが

言葉で説明できたり、表現できたりするのは、

そのときかもしれないし、何年もたってからかもしれない。

でもそうやって未来の自分に繋がっていくのですよね。

そんなことは非常に当たり前のことだろうと

思われるのかもしれないけれど、

言葉で表現したときに、相手に伝わる表現って

とても大事で、それがそれぞれの個性の出るところだなと

思っています。経験も違うし、経験から何を思うのかもそれぞれ

違う。

そしてその子どもたちの個性を他の人と共有できる場を

提供していくのが私、そしてダーウィン・ランゲージアーツスクールの

使命だと思っています。

せっかくの経験を言葉で表に出していくという作業は、子どもの頃から何度も何度も何度もやった方がいい。

子どもたちが多様性の中で自分らしさを発揮しながら

生きていける明るい未来を作るために、

今から準備しておいた方がいいよと思うものをこれからも続けていきます。

※今日の画像は、Yちゃんのお母様が送ってくださったものです。

*****************

育てよう、心。

積み上げよう、言語力。

伝え合おう、自分の思い。自分の言葉で。

ランゲージアーツに

ご興味を持ってくださると嬉しいです。

オンラインレッスンでどこからでも

受講可能です。

*****************